夜まで続くキャバ

girl wears a red bra

梅田の昼キャバは、どこも昼に開店。そこから営業を続けて夕方には閉めるお店もありますが、夜までずーっと開けているお店もあります。夜まで時間を延長して楽しみ続けることが出来るのです。

豊富なドリンクの紹介

hotly body girl

普段は「昼に飲む酒じゃない」と思ってしまいがちなウィスキーも、「キャバクラといえばコレ」と言われるドンペリニヨンも、梅田の昼キャバではお昼から楽しめます。贅沢な遊びなのです。

素人ギャルといっしょ

big tits girl

「いかにもキャバ嬢」という感じのギャルよりも、もっと素朴な素人系のギャルが多いのが、梅田の昼キャバの特徴です。ガールフレンドとお昼から飲んでいるような、そんな楽しみがあります。

Girl is smiling

幸福なお昼の過ごし方

sexy girl

梅田の昼キャバの中でも人気があるのはこちらです!魅力的な時間を過ごすことができるお店ですよ!

昼から飲んでもイイ

たまの休日。缶ビールなどを持って部屋のベランダに出て、春風に吹かれながらゴクリとひとくち喉ごしのいいのを流し込むと、たとえようもない幸福感に包まれる……そんなことがあります。
そう、たまには、お昼からお酒を飲んで開放感を味わうのも人生に必要な時間なのです。
実際、イギリスあたりでは「たまには」などという生やさしいものではなく、多くの人が昼からパブで1パイントの濃い褐色のビールを引っかける文化があるそうです。仕事中の人もお構いなしであるようです……。
もちろん、お昼でも夜でも、そのあとで車を運転する機会があるならお酒は慎まなければいけませんが、お酒を飲むこと自体は何の非難を受けることでもないわけです。

夜のキャバクラと同じ

ところで、嬉しいことにイギリスほどではありませんが、日本でも、最近は「昼から飲む」ということに対するハードルが低くなっています。
イギリスのロンドンには昼から開いているパブが街中にたくさんありますが、日本の大阪・梅田には昼から開いているキャバクラがチラホラ見られるようになっているのです。
梅田は、昼キャバの聖地となりつつある街なのです。
昼キャバが誕生したのはちょうど21世紀が始まってすぐのことで、文化としては新しいものです。ただ、キャバクラ自体は昔からあって、梅田の昼キャバでは昔ながらの夜のキャバクラで楽しめるのとほとんど同じことが、楽しめます。ただ時間が夜から昼に移っただけのことです。
昼キャバでひとしきり楽しみ、梅田の街に出るとまだ日が残る夕焼けの時間。その後、普通のキャバクラに行くのもよし。幸福な気分を抱えて帰宅しても良しです。